原料

ブタ由来細胞培養上清を使用。
培養上清とは幹細胞を血清で培養後、遠心分離によりとりだした大変貴重な

再生因子(ジェネティックファクター)を含む上澄み液のことです。
最先端の再生医療の研究所からうまれたものだからこそ、今までの化粧品にはできなかった壁を越えました。

 

品質管理

成長因子に代表されるEGFのほとんどは流体培養なのに対し、
再生因子(ジェネティックファクター)はクリーンルームで、血清を使い接地培養しています。
ウイルスフリーテストをはじめ、数々の検査を行い品質を管理しています。
また、通常熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、再生因子(ジェネティックファクター)は

タンパク質のため凍結乾燥することで、高品質を担保しています。

 

安全性

最先端の再生医療研究室からうまれた再生因子(ジェネティックファクター)だからできること。
プレンツェルシリーズの主成分であるブタ由来細胞培養上清は、通常の化粧品製造レベルをはるかに超えた

GMP(医薬品適正製造基準)の品質管理基準を持った国内培養施設で製造。
医療と同レベルの安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。

 

《Plenzel 3つのこだわり》

再生因子は成長因子ではありません。

 

化粧品業界ではアンチエイジングの原料としてグロスファクターが有名です。
EGF.FGFなど多くの化粧品に配合されています。

 

再生因子という言葉は聞きなれないと思いますが

成長因子とは全くことなる新素材です。


成長因子は大腸菌や酵母から作られますが再生因子は幹細胞から作られます。

製造環境も全くことなります。

 

何よりも違うのは成長因子が単体のタンパク質に対して成長因子は500を超えるサイトカインというタンパク質で構成されていて、細胞再生の能力が単体タンパク質であるEGFと比べて強力であることです。