ホームカラーって・・・

March 27, 2015

最近よくお客様に

「ホームカラーってどうなの?」

と、聞かれるので簡単に説明させて頂きます^^

 

ホームカラーに使われてるお薬は強い薬です。。。

ホームカラーに含まれる”アルカリ”という成分が髪の毛にとても負担をかけます(゜-゜)

 

通常、美容室でカラーをする際はカラー前に頭皮や髪の毛をダメージから守るように事前に処理を施します。

 

シャンプーの時には髪の毛に出来るだけアルカリが残らないように薬剤や炭酸泉などで処理します。

 

ホームカラーの場合、どうしても髪の毛の中に(残留アルカリ)が残ってしまいどんどん髪の毛が傷みはじめます。

 

どうしても美容室に行く時間が取れずに仕方なくホームカラーをするのは仕方がない事ですが、根元が伸びるたびに頻繁にホームカラーを繰り返すとキューティクルが破壊され、溶けたり剥がれたりします!!!

 

それと同時に、美容室でのカラーの染まりが悪くなったりパーマも極端にかかりにくくなります。

 

下記に健康な髪の毛とホームカラーを繰り返した髪の毛を電子顕微鏡でのぞいた貴重な写真を張り付けてありますので見てみて下さい。

 

ビックリしますよ!

 

①健康な髪の毛のキューティクルの状態

ここを目指したいですね!

 

②紫外線やホームカラーによるキューティクルの損傷

 

③ホームカラーによりキューティクル全体に亀裂が入り脱落寸前

 

なかなかこのような写真を見ることは無いと思いますが、、、

 

これが真実です!

 

髪の毛で見た目年齢が5歳とも10歳とも違うといろんなメディアで言われてますが、本当にツヤのある綺麗な髪の毛は大事だと感じます。

 

どうしても時間が無くホームカラーを行う場合は担当の美容師さんに相談してみて下さい。

 

最低限にダメージを髪の毛に与えないアドバイスを頂けると思いますので少しでもご自身の髪の毛を守っていきましょう!

Please reload

Featured Posts

腸内環境

April 15, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts

March 7, 2019

November 30, 2018

October 5, 2018

September 19, 2018

September 7, 2018

Please reload

Archive

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload